2013年09月15日

でも未来には君がいる

16:30開場 17:00開演
青山円形劇場

青山円形劇場、マジ舞台と席近ぇ!!
最前列なら手を伸ばせば役者さんに触れられるよ
(実際、カーテンコールで役者さん達とハイタッチしてた)
暗闇で光るバミリがよく見えた。
けど座席が痛い!
2時間が限度だよコレ。



…正直、予想してた話と違うなぁ…っていうのが第一の感想。

だって、このエンディングにするなら井上さんを1人二役する意味無いと思うんだけどなぁ…

思い出そうとすると頭が痛くなるって「仁」か!
って作っている人達自身も、そう思ったんだろうか先にパロられた。

広樹さんのAKB48ときゃりーぱみゅぱみゅは必見。
数度のカーテンコールに困る役者さん見たの初めて(笑
井上さんに抱きしめられてフォローされてたけどテンパってた


井上さんのキャラは…美味しいところ持ってったっていうか、
何でそこで過去に飛ぶ必要あるのかっていうか…
あの時代の考えじゃしょうがないのかもしれないけど
アメリカを初めとした包囲網って
いくらバックが強くても1人、過去に飛んだだけでWW2が、どうにかなるのかっていうか…

警察コンビとバーテンダーと大学生は伏線回収されてて良かったです。

ダンサーコンビの後輩はダンスが凄く綺麗。

アウトローコンビは、あれ結局どうなったの?
伊藤三千代に認められたの?
posted by ふじな at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック