2017年12月02日

鋼の錬金術師 実写化の映画

噂のハガレン実写化を観て来ましたよ
ネタバレ全開の感想します

いやーもうのっけから笑いこらえるの大変だったね

自分は鋼の錬金術師はコミックス1巻のみ2刷で買って
残りは全て初版で揃えてるのが自慢でね

ハガレンがどう人気を博していったかを
かなり初期からみていると自負している

だから今回の実写化についての批判はわりかし

は??????

という思いでみている

何故かというと
ハガレンのアニメ化1回目はオリジナル展開だったからだ
アニメのオリジナル展開は許すのに
実写化のオリジナル展開は許さない…???


その後のアニメ化2回目は比較的原作にそって作っていたとはいえ
ロイ大佐役に三木眞一郎ですよ…??
三木眞一郎は好きだけど大佐ではないだろ…
実際アニメ観た時違和感スゴすぎた
(他にも2回目の監督とは原作との解釈が違いすぎたので最終的に観なくなった)

過去2回のあの出来のアニメは許してるのに
実写化どうであっても許さない…??
それって都合良すぎませんか???

どうせ今回の実写化を演じたのが役者さん達では無く
過去2回のアニメに全く関係ない声優さん達であっても
声優さん達が顔出しで演じたらそれだけで
今回の内容でも文句言う人達なんていなくなるんでしょ?

そういう人達が試写会観に行ってるだろうから
試写会の評判ってあまり当てにならないなと思って
観に行ったら本当にあてにならなかった


はっきりいって佳作ではない
凡作も凡作。
中の下ぐらい

ただ多くの人が怒っている「原作読んだのか!?」っていうヤツ
この映画観てどうしてそんな疑問浮かぶのかさっぱり分からない
この映画は
『鋼の錬金術師を読んだ事が無い人向けに2時間で見せる映画』なんだよ

映画っていうのは
登場人物の説明がてら小さな事件が起きて
それから大きな事件が起きてエンディングになる

小さな事件というのはいうまでもなくタッカー事件
大きな事件はホムンクルス戦。

でもそのホムンクルス戦でエドもアルも
ホムンクルスに錬金術で攻撃してないんだよ
「人を殺すこと」になるから
だからロイ大佐が一人で総当たり戦をやってる
自分観にきたの鋼の錬金術師だと思ってたんだけど
焔の錬金術師だったのかな?って思ったぐらいだ


ただね
大きな事件が解決して観客がカタルシスを得るのが
本来の映画の作り方なんでけど
原作のエド達は人を殺さないという
原作への最低限の設定を守ったことにより
ロイ大佐が大活躍する羽目になって
「主人公達が敵を豪快に吹っ飛ばす」という
カタルシスが無くなってしまったのが残念だったね
人を殺さないという設定を死守したのは正しいんだけどね


posted by ふじな at 02:13| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。