2007年06月30日

解ってたまるか!

070603_1246~01001.jpg6月03日
劇団四季 自由劇場
12:15開場13:00開演の今更感想。


前公演では都合が付かずに見送った舞台をやっと見れました。

チケットでは12:30開場とかなってましたが、会場着いたら15分になって早まってました。

自分的には自由劇場は初めてなんだけど、
スッゴク素敵!
建物を外から見ても格好良いし、
中から見ても綺麗。

会場も舞台と観客席が近くて良し。

しかし!
舞台がちょっぴり反っているように見えるのは気のせいですかー!

奥行きあるように見せる為なんだろうけど、
…これ、俳優さん達は大変じゃないのかな…υ


さて、
中身について。

タイトル『解ってたまるか!』は
つまり、『笑ってたまるか!』の一文字違いで
内容も、
各々のちょっとしたズレが笑える展開になる話なんだろう…と
予想して行ったら、大体当たってました。

ぶっちゃけ、劇団四季のコメディは期待してないし、
実際、殆んど笑わなかったんですが、
他の人は結構笑ってました。
…自分の笑いの感覚がズレてたんですか、そうですか…。

それでも、
『ココで笑って欲しいんだろうなぁ…』って部分で
笑いが起こってなかったりしたんで、
…まぁ、なんというか…劇団四季だなぁ…とも思った。


 さて、おっさん(←本当ごめんなさい)の黒ずくめ大好物な自分としては、
村木さん登場した瞬間に「ブラボーっ!!!」って叫びたい衝動に駆られた程度には萌えたんですが、
第ニ幕で黒ずくめじゃ無くなった途端に急激に萎えました(笑)

そして、
その格好になった途端に表れ始めた村木さんの、
ちょっぴりお馬鹿ちゃんっぷりにちょっぴりガッカリ(笑)

でも、
あんなに肩書きゴリッパな人達に「解ってたまるか!」って
否定出来る村木さんは凄い男なんだよなぁ…。


ドイツ人シューベルト(?)氏が一人二役とは気付きませんでした。
…だって、
ドイツ人の方は手まで白かったんだもんよ、
役者さんって凄いよなぁ、あんな短時間で国籍まで変わる別人だもんね。

 支配者・村木さんに反旗を翻した女性2人を
掴みかかって阻止する人達に
ストックホルムシンドロームが垣間見えました。
舞台だから、あんなんで済むのであって
現実だと洒落にならないよね(笑)

カーテンコールは5回目ぐらいありました。
流石に最後はカーテンコールの多さにか、
村木役の加藤さんは苦笑してらっしゃいましたが、
逆に良いもの見れたな〜♪
四季って、あんまり役者の素の表情見せないシステムだから、
ああいう表情が崩れるのが見れるのって、ちょっと嬉しい。



 帰りに味噌ラーメン食べたんですが、店のBGMがさだまさし氏でした。
…何ていうか…
噛み合い過ぎてすっごい侘びしい気分にさせてくれました…。
posted by ふじな at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・ライブ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。