2010年01月10日

侍戦隊シンケンジャー

ああああああああああ
靖子さん愛してます!!(違)

戦隊で
女の子がレッドなんか絶対無理だと思ってた!
一時的でも凄い嬉しいよっ。
スタッフ有難うっ!!
posted by ふじな at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

追悼 神戸みゆき女史

仮面ライダー響鬼で
おしとやかな姉・香須実に対しての
元気な妹・立花日菜佳ちゃんは
結構好きでした。


響鬼の世界観の中で元気キャラっていうのは
演じ方を間違えたら、
全てが台無しになってしまう、危うい中で
違和感無く溶けこんでいた。

ましてや、元気娘を演じてた方で
こんな訃報を聞くとは思っていなかった。

ご冥福をお祈りします。
posted by ふじな at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

コミケカタログ

うっかりしていて毎回購入しているコミケカタログを買い損ねる。

近所の本屋は軒並み売り切れたらしい。

しょうがないので、
現地にコミケカタログ購入の為だけに向かう。

…現地も売り切れていた。

スタッフに訊いたら
リサイクルとして、他人が要らないと既読のカタログをコミケに寄付するシステムがあり、
そちらの方なら在庫は沢山あるとの事。
それで良いからくれ。と願い出てカタログを貰い、
2〜3サークル回った後、即帰宅。

カタログ自体はとても保存状態が良く、
こりゃラッキーと喜んでいたが、

パラパラと捲っていたら
特撮ページだけ破られていた。

…昔のマンレポで『リサイクルカタログでプロファイリングが出来る』というネタを思い出した。

  前の持ち主はきっと、
自分と趣味が似ているに違いない。
ラベル:コミケ
posted by ふじな at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

俺達の戦記

061227_2105~01.jpg12/27 タワーホール船橋

魔弾戦記リュウケンドーイベント。
ttp://blog.livedoor.jp/oretachinosenki/index.cgi

…感想にどれだけ時間をかけているのやら。

日程を見た人、誰もが「…年末の平日って、アンタ…」と突っ込まずにはいられなかったであろう開催日程。

どんな仕事してる人なら年末の平日が空いてるんだよ、と本気で疑問だったんですが、
(ジャニーズみたいに学生をターゲットにしているのは別。
そして、自分は心臓痛めていたにも関わらずかなり無理な強行軍で行った)
観客席にリュウケンドー出演者が自分が気付かなかっただけで結構いたようで
(かおりさんとか婦警コンビとか)
芸能人的には比較的融通の利く日程だったのかな、って感じです。

…っていったって、普通は避けるだろ、『年末』開催も『平日』開催も。
それを両方被せてくる辺り、遺憾なくリュウケンドーイズム発揮ですよ(笑)
(最終回前にイベントやりたかった気持ちもあったんだろうけどさ)

・客
 観客は、事前にお子様お断り(って表現しても差し支えないような
「お子様をお連れになる方は“変身後が人間として
出演する事を承知しているという”同意書にサイン」方式)のお陰か、
見るからに特撮ヲタか俳優ヲタか番組関係者の大人ばかりでした。

自分、背が比較的高いので、子供がいると視覚潰したら可哀想なんで
変な体勢で見るから体痛くなったりするんですが、
今回がそれが無いんだから嬉しい…。

・服装
途中参戦になった翔悟さんに併せてか、
変身前の俳優トリオは普段着(私服?)を着用。

…源さんの履いてた派手派手しい靴は何処かで見た記憶あるんですが、いくらだったかな…
(やたら高価かったような記憶が…)

対して変身後のスーツアクタートリオは変身後キャラのカラーに併せたジャージ着用。
照雄さんはブルージャージ、秋山さん赤いズボンで、下川さんは黒いジャージ。

自分はリュウジンオーを一度も『黒い人』だと思った事無かったんで
「何故、黒ジャージ…?」と疑問だったんですが、
下川さんが、イベントではキャラに併せた服を着用っていう事前取り決めを忘れてたらしく、
秋山さんから借りたそうです。
(かといって、蛍光オレンジな
派手を通り越して目が痛い服を着て出て来られても困りますが)

・イベント
 今更なんでうろ覚えなのでアバウトに。

会場入り口にて美咲さんとガジローさんがオリジナルDVDを手売り。

「…ヤバイ。自分 今、凄い『あけぼの町』にいる」と素で勘違い出来ました。

 ・OP/殺陣
いきなりリュウジンオー(※下川さん)大暴れ。

 他の二人もちゃんと立ち回りされてたはずなんですけど、
何故かリュウジンオーのインパクト大。

それもこれも
ザンリュウジン無しでやっと、リュウジンオーの動きが棒術だと認識出来たからでしょうか。
(…遅ぇ…)

この後のトークで下川さんが
ザンリュウジンを何本か折ってしまった事が残念だったと話してらっしゃいましたけど、

…そりゃぁ、
あんだけ使い辛そうな形の棒ならしょうがないだろうさ…。
(自分の師匠に訊いたって難しいって言うだろうなぁ、あの形は…
特撮ヲタだってバレたくないから訊かないけど)

敵には天狗のお面を被ったボスキャラっぽい人が。
体型的に女性っぽかったんで剣武会唯一の女性
レディ・ゴールド役のリオさんっぽいなと判断し、
イベント終了後の即席握手会でリオさんに確認したら
やっぱりそうでした。

・トーク
翔悟さんがいない事に触れないまま開始。

 この話題に触れないっていうのが、
翔悟さんが来れるかどうかっていう微妙さを表してて素敵。

翔悟さんが幕袖側に来た途端に「翔悟くんは今日は来れません」とか言い初めて
 
…なんていうか…分かりやすい筋書きだな…

 翔悟さんが居ない時に源さんと黒田さんで
トークの最初に話してた「黒田さんが『だっち』と呼ばれた経緯」を
翔悟さんが、もう一度話そうとしてました。
本当に裏で少し待機とか無く、会場に着くなり速攻で壇上に駆け上がったんだなぁ…。
凄いタフな人だ。

黒田(※髪サラサラ)「二人(翔悟氏&源氏)は付き合ってるのかというくらい仲が良い」
なんでも、その昔、二人は相合い傘で黒田さんはビニール袋被って帰った事があるそうです。

その上、
トークコーナーが何度かあったんですが、
途中で「観客側に向きましょう」と
座ってた椅子を4人(照雄さん秋山さん下川さん黒田さん)は観客側に寄せたのに
2人(翔悟さんと源さん)は打ち合わせも無く
いきなり向かい合わせになって喋り始め、
黒田「コレ!いつもこう!!」と叫ぶ近さで2人で話し始めたりして…

 …いや、もぅコレ軽いイジメだから。(黒田さんへの)
とか少しでも思った自分が価値観間違えてるんでしょうか。

 …で、
この『二人は付き合ってる』ネタを、短時間の間に5回ぐらいやられ
(※カウントしてません。体感的にって事)
最初は笑ってられたんですが、余りのシツコさに正直、辟易。

そんだけ、そのネタを振るなら、その後の

『スーツの重さはどれくらい?』っていう質問で
軽←→重
リュウジンオー>リュウガンオー>リュウケンドー
だったそうですが、
その差が各々大体1〜2瓩ぐらい。
観客の「たかが1〜2瓩(失笑)」っていう空気に
「その1〜2瓩の差がデカイんだって!」と必死に二人で反論してた
照雄さんと秋山さんのコンビ話も同じくらい聞きたかったんですが。

その後の再現コーナーでも
幕の影に隠れて二人で何か会話してたりしてたんで、
(見落としてたのかもしれないけど、
他の人とは壇上打ち合わせはしなかったっぽい)
翔悟さんと源さん程では無いにしても、
絶対、ここでしか喋れないコンビ話がこの二人にもあるはずなんですが、
聞けなかったのが本当に残念無念。


 話が進んで黒田さんが喋っている最中
いきなり秋山さんがメモを懐から取り出し、
「言う事忘れてしまうと困るから」とご朗読。
しかし中身は「〜が楽しかったです」的な小学生並の棒読みコメント。

下川さんも一緒になって、そのメモを読みあげるもんだからもぅ、会場中爆笑。

不動さんがネタキャラになったのは源さんの性格によるもんが大きいと思ってたんですが、
…絶対、秋山さんの性格も手伝ってるなと確信しました。

第32話『白波おおいに笑う』の明らかなサブテーマ『不動おおいに泣く』で
ガンオーが崩れ落ちて嘆くシーンにて
「あの演技で良かった?」って訊く秋山さんに「バッチリです」と返す源さん。
駄目だ、面白過ぎるよガンオーコンビ。
電話で毎日一時間ぐらい話すとか言ってて…仲良いな、君ら。

 エンジェラ様がカブトにご出演話から、
ガジローさんによるエンジェラ様歓迎の宴で行われた歌とダンス
(「エンジェ〜ラ エンジェ〜ラ スペ〜スピープルゥ〜」)
も即席で披露されたら、

そのガジローさんの隣にいた美咲さんを指して
源「僕、始めてオッサンと呼ばれた回にあの人いました」…え?
(約)2年前の仇を今討ってます?(笑)

 他には1話の仔犬話や、
ジャマインド話と
人間体ザン・リュウジは秋山さんだった話とか
剣二の青いネックレスは色々と邪魔だから最終的には取ったとか
何度か俳優陣もスーツの中に入って演技した話とか、
 剣二の「ショイショイショイショイっ!」は現場で大絶賛されたとか
ご町内武道大会のトイレ変身と、その時の鍵の持ち方が三人とも違うとか、
スタントがどれ程大変だったか、とか
白波(っていうか黒田さんの)声が聞こえず、
翔悟さんも源さんも二人して口の動きを見ながら演技してたとか、
マグナリュウガンオーパワーアップ回の時は源さんの褌姿披露案があったとか、
(しかも俺はやりたくないとか翔悟さんに全否定されてたような気が/笑)
下川さんが飛空のポーズを取り後ろで黒田さんがアテレコとか
スーツアクタートリオは色々物を壊したとか、
一杯あったんですが、細部が思い出せない…。

 …しかも個人的に[リュウケンドー]第4クール時は
不整脈で伏せってた時(っていうか今も伏せ気味)だったのと、
私情ですが、41話の『人形になったリュウジンオー』で
リュウジンオー@白波っていうキャラが大嫌いになったせいで
(ジンオーのモデルはスサノオの尊だと思うんですけど
自分の中ではスサノオの尊は壇上の黒田さん&下川さんにイメージが近いんですが
何で、ああいうキャラにしてくれなかったんだ
…黒田さんと下川さんみたいなキャラは大好きなのに/笑)

禄に見てないんで、
第4クールの裏話は「へぇー、そうなんだ」ぐらいの感覚で聞いてました。
なので覚えてない所も多い。

そういえば、
トークコーナーでの発見は各々の距離感というか、位置ですね。

ジンオー役が話を切り出して、ガンオー役が予想外のボケをし、ケンドー役が要所要所でまとめる。

変身前トリオも後トリオもその基本的なラインは変わらないんで
役と演者がシンクロしてるのが見れたのは凄い面白かった。
こういうのはこのイベントらではの面白さでした。

・再現コーナー
裏から剣武会の方達がワラワラと出てきてセッティング。
スーツアクタートリオも手伝ってました。
撮影の時もいつも手伝っていたそうだ。

源さんが[リュウケンドー]の為に覚えたというバク転等を披露。
(元から出来てたわけじゃなかったのか、凄いな…)

手首を骨折した時にバク転で折ったと勘違いされたらしく、
骨折以降源さんバク宙禁止令が発動された模様で…

…後半、不動さんのバク宙が全然出てこなかったのソレかぁ…(納得

それから同じガンオーの片割れ秋山さんは回し蹴りを披露。
(跳躍力高ぇ…)

源さんは練習無しでぶっつけ。
秋山さんは軽く位置やタイミングを合わせてから本番をなさいました。

照雄さんが
アクション前は凄い厳しい顔で見てるのに、
アクションが成功すると途端に、もの凄い笑顔になるのが印象的でした。

ジンオーコンビは、ヒーローショーで語られるだけだった、
レディ・ゴールドとの因縁話。

ここでやっとリオさんが顔出しで登場。
話に入るとキチッ!と表情が白波に変わる黒田さんや、
スーツじゃなくてもジンオーに見える下川さんやリオさんがかっこ良かった。

ケンドーコンビは「…何処のやさぐれ兄弟だよ…」
(昭雄さんは翔悟さんの父君と同姓同名らしいので
やさぐれ兄弟ならぬやさぐれ親子か?)
と思わずツッコミそうになった愚痴吐き大会。

イベント全体的には
翔悟さんがすぐに入れるようにか、
翔悟さんへの負担が少ない構成になってました。

・最後
『今だから言えるごめんなさいとありがとう』というテーマでじゃれあうジンオーコンビが可愛かった。

司会のナレーションとともに、6人が各々のポーズ決めて終了。
すっごいかっこよかった〜!!

次回があるなら今度は声優さんも呼んで欲しい!

そしたら人数ぴったりで九位一体が出来るよ!

…あぁ、でもスーツアクターチームと声優さんチームは
接点無いから、話題が弾まないかυ

まるで
ノーマル   →スーツアクターチーム
ゴッド(マグナ)→俳優チーム
アルティメット→声優さん
だね。
(登場順と関わった順で並べるとこういう順になるはず)

ノーマルとアルティメットが作中で揃い踏みした事無いもんねぇ。

…ふ〜む。寂しいなぁ…。

イベントそのものは面白かったです。

・以下、愚痴
posted by ふじな at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

仮面ライダー剣(ブレイド)

ボウケン「あぶない相棒」ゲスト出演・窪寺さんチェックぱーとつー。
なので、41話からの視聴。

…っていうか、
デカレンは見てた記憶があるのに、
同時に放送していたブレイドは見てなかったのか、
本気で思い出せなかったんですが、
41話を視た瞬間、ソッコー思い出しました。

…演技が自分の好みとかち合わなかったんだ…

自分好みの黒づくめ(橘さん)とか
自分好みの眼鏡(金居さん)とか
萌え要素はあったんだけどねぇ…。

金居さんが、殺陣シーン無しにすぐ変身も残念だったなぁ…。


…さて。
窪寺さんチェックの他に『魔弾戦記リュウケンドー』が似ていると
大評判(笑)を呼んでいたんで、そのチェックもあったんですけど…

…まぁ、
戦う前にカードをガチャガチャやる所は
鍵をガチャガチャやるリュウケンドーに似てなくもないですが

剣二は、あそこまで頭良く無いし
おっさんはあそこまで人情家じゃないだろ…

(この発言、色んなモノを敵に回した気がする)
posted by ふじな at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

轟轟戦隊ボウケンジャー task.39

「プロメテウスの石」

例年に比べると少々早い(?)総集編。

牧野先生の最後のコスプレは元から決まっていたのか、
斉木さんがやりたいと言ったのか、
本気で謎ですな。

ところで、
関西弁キャラといえば真殿さんっていうのはどう考えても、
アンジェリークの謎の商人さんからの刷りこみな気がしてしょうがない。


※この先、
「ボウケンジャーかっこいー」とか「追加キャラ好きだー」という方は
精神衛生上よろしくないので読まない事をお勧めします。
続き
posted by ふじな at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

…どーでも良い事なんですけど。

自分、太極拳習ってまして、
その教室は、とあるデパートの片隅にあるんです。

…で、
太極拳終了後、玩具売り場でリュウケンドー玩具チェックをした後、帰宅するんですが、

先日、いつものように、
リュウケンドー玩具チェックをしようと売り場を覗いたら、
X'masグッズを置くためにか若干、配置替えをしたようで、

…いつもの場所に無いんですよ、リュウケンドー玩具が。

…さて、何処へ移動されたか、と玩具売り場内をグルグル回っても

…無い。

ふっ…と、
トイザらスで獣王千円叩き売りが脳裏をよぎりました。

…いやいやいや、待て待て待て、と。

いくら、天下のトイザらスで叩き売りしてた所でね、
実質、放送期間が残り三ヶ月ある番組の玩具を完全撤去など、
どんだけマイナーな番組でもされないだろう、と思い直し、

再度、今度は丹念に売り場内をチェック。

他の特撮番組玩具の隙間にあるのではないかとチェックしたり、

面倒だからとタカラトミースペースに、まとめて放り込まれたか?と
散らばった商品並べ直してチェックしたり、

絶対に無いと分かっている幼女玩具スペースまで入念にチェックしたんですが…

…やっぱり無い…。


ありえねぇー!!(心の絶叫)

…いくら、マイナー番組だっていったって、

某テレビ雑誌とか、某大人向け玩具雑誌とかに
悲しくなるくらい盛大にシカトぶっこかれてるっていったって、

子供向け玩具売り場がリュウケンドー玩具を完全撤去なんていう、
ご無体をする必要無いじゃん!!

ヒドイよ!!







…という妙な敗北感に浸されつつ、
玩具売り場を後にしようと踵を返したら、



…ありました…。


なんと、売り場内の二番目に見栄えがする所に陳列されてました…。


…ありえねぇー…(本日二度目)

…だって、
ボウケンジャーとかメビウスとかラブandベリーとか
他の人気アニメ・特撮番組商品を差し置いて
総合で二番目ポジションゲットですよ!?
(ちなみに一番見栄えがする所はカブトが陳列してあって、コレは納得/笑)

しかも、トイザらスみたいに在庫一掃処分叩き売り上等セール開催中ならまだしも、
通常の値段で陳列ですよ!!

有り得ないよ!
自分の知らない、いつの間にリュウケンドーは人気になってたのっ!?
posted by ふじな at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ウルトラマンティガ外伝〜古代に蘇る巨人〜

リュウケンドー@山口翔悟さん目当てに見ましたよ。

…でもまぁ、
ティガ本編もダイゴ@長野博氏目当てに見てたんで、
もぅ、自分にとってティガは主役目当てで観る作品なのかもしれない…。


っていうかね、
「ヒロシが出てないから、外伝は…いいか」と
外伝を見送ったツケがこうやって数年後に表れるとはなぁ…υ

そして、余談ですが、
リュウケンドーの相棒リュウガンオー@源さんが
昔、出演していたという舞台『RENT』も
上演当時、観劇するかどうか滅茶苦茶迷ったんだよねぇ…
(時間が作れなくて挫折)

結局、観るのを滅茶苦茶迷って結果的に切り捨てた作品って
数年後に「やっぱり、あの時無理にでも観ときゃ良かったぁー!」と
叫ぶハメになるんで、
因果応報は存在すると思います。…くそぅ…。


さて、視聴感想。

ティガ本編放送は約10年前に見たっきりなんで、
軽くティガのストーリーを忘れさってました。

レナがティガの正体を知ってた事すら忘れてたよ(阿呆)

何でレナがツバサに
ティガのスティックの形状を教えてたのか、思い出すのに時間かかったよ。
(っていうか、そんなもんダイゴ本人が自分で息子に形を教えてやれよ。
何で奥さんが説明してんだ/笑)

そしてツバサちゃんがダイゴの息子なのに、
微妙に踏み台扱い喰らっているのが微妙に納得いかないんですが、

…まぁ、それはそれとして。

山口さん凄いよなぁ…。
リュウケンドー@鳴神剣二とティガ@ツバサを並べて
どっちが歳上に見えるかって訊かれたら、
外見は勿論剣二なんだけど、
中身はどう見てもツバサだし、
それを、ちゃんと演じ別け出来る事が凄い。
posted by ふじな at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

美少女戦士セーラームーン(実写版)

アニぱら音楽館後、ずーっと見倒してましたよ。
何て濃いぃオタクライフ(苦)。
(super liveはまだ見てないけどまた今度)

目的は何といっても、ボウケン「あぶない相棒」ゲスト出演・窪寺さんチェックですよ。

…っていっても…、
正直、小林脚本じゃなけりゃ、この作品を最終回まで見れなかったよ…υ

…ぶっちゃけ出演者の殆んどが演技ヘタクソ…

渋江さんなんて、
視聴した番組順が響鬼→セラムンで良かった…。
正規の順番セラムン→響鬼だったら、
響鬼視聴の際に「何でこんなの使うんだ」等ボロクソに文句言ってたと思うんで。

最終的には見れる演技になってて良かったなぁ…。

その中でもやっぱり主役の沢井美優ちゃんは上手ですね。

レイちゃん役となるちゃん役の子はどっかで見た顔だと思ったら、雑誌モデルの娘でした。

特にレイちゃん役の娘は特撮→セブンティーンと
有り得ない転向してるなぁ、と思ってたら、事務所が変わってたのですか。

しかし、どのキャラも総じて頭の良い娘キャラで靖子さんの腕をガッツリ掴んで
「ありがとう!!」と叫びたい気分でした。
アニメだとさ、
どのキャラも皆、アホキャラになってて、
漫画派の自分は見る度にガッカリしてたからなぁ…。

…ただ、
主役以外の女の子は皆、髪型一緒だから、見分けるのにエライ時間掛った…υ


…そして、目的の地球防衛軍ですが
(っつっても、月側は攻めてないんだから、
防衛軍というよりは、地球国王子親衛隊の方が正しいと思う/笑)

四天王のキャラは田中芳樹作・『創竜伝』の四兄弟っぽいなぁ…(もちろん、
ジェダイト→余/ネフライト→終/ゾイサイト→続/クンツァイト→始)とか
思って見てたんですけど、
ゾイ役の方がクンツァイトを指して
「双子の兄貴的存在」と御自身のサイトに書かれてたんで、
認識として間違えてなかったかな、と。

そのゾイ役の方のサイトは
現場の裏事情を知る事が出来て面白かった。

特にピアノシーンの謎が解明出来たのは助かった。

最初の方の話のワンシーンで、
ピアノを弾く指はちゃんと動いているのに、
ピアノ音が噛み合って無くて見てて凄い謎だったんですが、

単なるスタッフの気遣いの無さ(っていう程でもないけど)だったんですね。
後半はちゃんと噛み合ってたし。

そして、
ダークキングダムが各々死ぬシーンですが、
誰一人として、寂しく孤独に死ぬヤツがいなくて良かったなぁ…。
(ネフ吉は、ちょっとアレだけどね)

ゾイサイトとクンツァイトは、
一度は倒そうと思った相手を庇って
凶刃に討たれてしまった挙句に、
その庇った相手に死を看取られるんですよ。

普通なら、屈辱的な事なんだけどさ、
この二人にとっては幸せな事だったら良いなぁ…。
(個人的に、
信念を持ってその為に戦うキャラが好きなもので)

贔屓目抜きにしても、
クンツァイトがマスターを庇って
ジェダイトに討たれるシーンは最っ高にカッコ良かったね!

前世でエンディミオンの戦い方に
『自分が死んでも周りを生かすというやり方は
我々がやる方法だ(意訳)』みたいな事言っといて、
本当に自分がその方法で死ぬんだもんよ。

演出も正にその通り、全力でマスター庇いました!!って感じだし、

このシーンは全部のピースがバチィっ!と
完璧に填った瞬間だから、何度見ても飽きない。
本当にカッコいいシーン。


その後に、
act.0の十番派出所四天王を見たんですが
(っていうか“交番ズ”の元ネタ今の若い子は分からないよ/笑)

…彼等の前世って
きっとこんな感じだったんだろうなぁ…て…(遠い目)

…クンツァイトの苦労が目に浮かぶようだ…。

幹部仲間の一人はどう見ても頼り無い子供だし、
一人はすぐ暴走するし、
一人は明らかに文官タイプで今にも倒れそうだし、

我等がマスターは、駄目だっつってるのに、
月の人間(よりによってプリンセス)に現を抜かすし、
そして、その隙を突かれて、同じ地球国の人間は反乱興すしで、

…本当に大変だったろうなぁ…。

しかも、
「記憶を戻したく無い」っつってるのに、
無理矢理覚醒されたら、
目の前に拡がるのは前世と(ほぼ)同じ光景って

…そりゃぁ、

「自分の目的は全てを壊す事」とか言いたくもなるよねぇ…。

あぁ、そういえば、どうでも良い欲を言わせてもらうと、
見た目がシンで中身がクンツァイトの演技を見て見たかったなぁ。

シンの名前の由来はやっぱり英語のsinからきてるんでしょうか。


……ところで誰か、
何故act.49で美奈子ちゃんが、
そしてspecial act.で四天王が、
何故ふっつーに生き返っているのか教えてください…。

…まぁ、なんとなくですが…
美奈子ちゃんは銀水晶の力で復活。
四天王はマスター・衛の守護霊化かなぁ、とか大体の見当はつくんですけどね、

でも、靖子さんの脚本的に、死者復活ネタって
(自分自身の好き嫌い抜きにしても)合わないと思うんだけどなぁ…。

他の4人はまだしも、
ネフ吉は、どういう解釈すれば良いんだろう。
人間になって前世の記憶もあるのに、アレは誰?
それとも自分は、何処かを見落としてる??

でも、
special act.のエンディミオン&四天王戦は燃えたね!

もぅ、ずーっとこの戦いのままで
終わりにしてくれないかな、とか思ってました。
posted by ふじな at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

SHT

本来の意味は
『スーパーヒーロータイム』ですが、
今日だけ特別に
『Suit Heroes Time』で。
(捻ろうかと思ったけど、考えるのが面倒臭くなって辞めた)

『魔弾戦記リュウケンドー#31』は不動さん(とか六角さんとか)

『轟轟戦隊ボウケンジャー#23』は鳥羽さん

『仮面ライダーカブト#27』は三島さん(とか影山ちゃんとか)

と、見事にスーツ姿の人が三作品連続で
出てきたんですが、
やっぱスーツは良いですね!

BANANA FISH@ブランカが
「スーツは男の戦闘服」
と発言してますが、今日の三作品は正にソレ!

まぁ、不動さんと三島さんは毎週見れるから置いとくとしても(おい)

鳥羽祐二役の窪寺昭さんっていう方は…何というか、
放つオーラが凄くカッコいい方ですね!
(いや、見た目も凄いカッコいい方ですが)

舞台役者だと聞いて凄い納得。
声も良い声してたからね。

ぶっちゃけ蒼太役の三上さんは
存在を喰われないようにするの大変だったんじゃなかろうか。

実写版『セーラームーン』と『仮面ライダー剣』に
出演なさってると聞いて
今まで絶対見る気にならなかったのに、
凄い視聴意欲がそそられました。
さぞかし、ご立派な悪役っぷりを発揮してくれるんだろうなぁ…。


…あぁ、
全然関係無いけれど、
今回のボウケンジャーのタイトル『あぶない相棒』っていうのは、
自分のトコの『あぶない刑事』と『相棒』のもじりですか?
posted by ふじな at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔弾戦記リュウケンドー第31話

「あけぼの町最大の事件!」

ろ、ろろろろろろろろろ
六角さんが出たぁーっ!!!!!
(落ち着けよ)

え?

なんで?

レディ・ゴールドのコスプレといい、

サクラ大戦ですかっ!?
広井王子氏→サクラ大戦歌謡ショウ→扉座→六角さん
っていう事ですかっ!?



凄ぇよ、広井王子さん!!!
posted by ふじな at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

魔弾戦記リュウケンドー第27話

7月09日放送分
「パワーアップ!マグナリュウガンオー!」

・第3クールに突入したからか、
今回より冒頭に前回のおさらい付きの親切設定が。

・「はい、あけぼの焼きだよ」
…この人が子持設定だった事にも驚いたんですが、
あけぼの焼きってなんなんですか(笑)
何が入っているんだ。

・「どうせ今まで不動さんがやってくれてたんでしょ」
…おーい、不動さんよぅ…。
甘やかし過ぎてないかい…?

・「は? 俺、なんか今、良い事言った?」
自分で「良い事」って言いきっちゃうのが
天地司令ならでは、だよなぁ(笑)

映像が常に実像と鏡に写った虚像の
二種類あって、面白い映像ですね。

・踊り(?)狂うあけぼの町民
イメージは百鬼夜行ですか?

・「剣二がどうかしたか?」
…この、蛤背負う不動さんの絵面!
『あの伝説の男が帰ってきた!』なノリで
何かの映画のワンシーンで使われていた
記憶があるんだけど、思い出せない…!

・「今の俺の力は…一万倍さ!」
このアングルもカッコいいし、
今にもエンジェルラダーが出そうな
こんな暗雲が似合うヒーローって、そういないよ。
凄いカッコいい!

・「なぁに、今の俺なら程々だ」
…オリコカードのCMを考えた人は、
東映以外の特撮で大対小の対決が
普通に行われるとは思ってなかったろうなぁ…。

・「橋の真ん中に空間の歪みが」
最初の方で頻繁に橋の画が映っていたのも、
アチラの世界とコチラの世界を繋ぐという、
一条戻り橋がモチーフだったんですかね。

・「やっぱり俺が居なきゃ駄目だな、おっさんは」
このシーンも好きなんだよね。
手を引っ張る時は向き合っていたのに(当たり前)
助かったら背中合わせで語り合う。
カッコいいシーンだよなぁ。

ちょっと今回の話を愚痴ります。
posted by ふじな at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔弾戦記リュウケンドー第26話

7月02日放送分
「SHOTスペシャル講習!優勝者は誰だ」

別名第2クール総集編。

・「SHOTスペシャル講習 リュウケンドー博士は誰だ!?クイズ」
流石です、[リュウケンドー]さん。
真面目に打ち込みして、
これだけアフォクサい気分になれたのは始めてです(笑)

「イェーイ」と手を叩きあう瀬戸山君と鈴ちゃんが可愛い。

・「知るか。
都市安全保安局で訓練してたのに、いきなり呼び出されたんだ」

不動さん、付き合いが良いとか、
そういうレベルじゃないと思います。

・「ジャマ子、ジャマ美、ジャマ代」
…もぅ、それで良いんじゃないな。
一々エウロパとか覚えるの面倒臭いし(笑)

・「ロマンスの問題」
天地司令、鈴ちゃんのどこ触ってるんだ…(笑)

・「監視カメラ」
…そっかー…
いつも自分が見てる映像は監視カメラかー。

最近の監視カメラは性能が良いなぁ。
たまに「どこ録ってるんじゃゴルァ!!」って
言いたくなるのは、監視カメラだからかー。
じゃぁ、しょうがないね〜(毒)

・「鈴!レベル2」
このセリフ、アドリブっぽい感じがします。

瀬戸山君(っていうか宮城さん)の振り向き方が
『振り向く』っていう演技っぽくないし、

台本に、このセリフあるなら、
鈴「え?」剣二「2!」っていう会話無いだろうし。
可愛いよね、この会話。

・今日のSHOT情報
 「ザンリュウジン、乱撃」

普通に『乱撃』だったんだなぁ…。
リュウジンオーが司っているのは風だから、
『嵐撃』っていう当て字なのかと思ってた。

っていうかね、

クイズ番組すらパロるのは流石[リュウケンドー]さんですよ。

…清水圭が『本領発揮!!』っていう感じで自由だったし、

瀬戸山君と鈴ちゃんも可愛かったし。

…いっそのこと、
この二人でくっついてくれないだろうか…
(どんだけ不動さんと海ちゃんで
くっついて欲しく無いんだ、自分)

この話の公式の制作日記読むと、
もぅ少し不動さんと剣二の掛け合いが多かったみたいで、
それは、ちょっと見てみたかったんですが。

助監督さんのブログによると、
前回の総集編13話と今回は終盤に撮影されたようですね。

だから、
13話も今回も、役者間の空気が自然だったんだね。
凄い納得しました。
posted by ふじな at 07:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

魔弾戦記リュウケンドー第25話

6月25日放送分
「大魔王の卵」


・「左京鈴様 君はバラより美しい」
…「勅使河原浩」が読めなかったのか、剣二…。

・スリーアミーゴス(仮)のファッションショーに付き合わされる鈴
小町さん、普通の物にも念動力使えたんですね…。

かといって、スリーアミーゴスも小町さんも、
自分と服の趣味が噛み合いそうにありません。

・「君ぃ、何の用事か知らんけど、浩さんに失礼だろう」
スリーアミーゴスの通せんぼの仕方が可愛い。

・ネタバレCMマダンマグナム
…もぅね、ネタバレっていうだけで、
どんだけカッコいいCMも
ガッカリCMになるっていう見本ですね。

文字通り四方を囲まれた不動さんが変身して倒す。
…このCMだけだと滅茶苦茶カッコいいのになぁ。

源さんの顔つきから察するに最近、録ったのかな?
普通の特撮ヒーローの役者さんって、
顔つきが、段々垢抜け初めて
凛々しく大人っぽくなっていくのに、
源さんは逆に若々しくなってってる感じするんだよね、面白い人だ。

・「あのね、コッチは町の一大事なの!」
…まぁ、ある意味
町長の息子が襲われたら町の一大事になると思うんですがね。
息子が女性に逢いたいって言ったら、
即刻見合いの席を作るような人のようだし。

・「メガ、メガ、助けて〜」
ヤバイ。
駆け寄る再生魔物もレディ・ゴールドもDr.ウォームも
敵側、皆可愛い(笑)

・「剣二、受け取って!」
浩さんの前じゃ名前言わなかったのに、
剣二しか見えてないって事ですか。

・「…褒めてる」
好いですね、天然系タラシ。
照れる鈴ちゃんも可愛いね。

・大魔王グレンゴースト
不動さんだけが大魔王の姿見てないのは、
何かの前フリになりそうに…ないか。
寧ろ、ヒーロー側が、
まだ大魔王様を見てない事に驚いたからなぁ、自分。
posted by ふじな at 22:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

hero vision vol.23

…まぁ、

やっぱ源さん、
ジャケットの裾を意識した演技してたんだな、とか、

不動さんに恋愛話があると、
剣二とのパワーバランスがおかしくなるから、
普通に「不動さんに恋愛話はいらない」派だな。とか、

載寧さんと剛史さんの髪型被り過ぎて
一瞬、マジで見分けがつかなかったんですけど!とか、

菜月のスカートがミニ過ぎて、
ブランコに座るだけで漕げないんだね、とか、

ボウケンジャーtask.14で台本にあったという
『お前の“顔が”可愛かったからだ!』
の“顔が”を削ったヤスカさんGJ!とか、

セイザーXは
休日も主役三人で遊んでたから、
終盤辺りのスリーショットは、
凄くシックリした画になってたんだなぁ、とか、

松田さん、『偽りの花園』で
何を食わされてるんですか(笑)とか、

祐基さん、
『1リットルの涙』の何処にいましたか?とか、

『マスター・オブ・サンダー』の記事を
全部読み終わって暫くしてから、やっと
「永田杏奈って岬さんかーっ!!」と
気付いたりとか、
(※人の顔覚えるの苦手とかいうレベルではない)

スーツアクターのインタビューが
掲載されてるのは好いなぁ、とか


…色々な感想はあるんですが、

ブレアード@伊藤健太郎氏の
「ネオロマ」発言で全部、吹っ飛びました。

…いくら、
女のヲタク向けの雑誌とはいえ、
「ネオロマ」発言は駄目だろー(笑)
特ヲタにネオロマって通じるの?
posted by ふじな at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

スーパーヒーロータイム

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.19「眩き冒険者」

自分が持ってる辞書には
【冒険】
危険を冒して行うこと。
また、成否の確実でない事をあえて行うこと。

ってあるので、
不確定要素の高い映士を仲間にしようとする、
明石の行動は生粋な『冒険者』と言える。

…しかし、

ボウケンジャーに六人目の存在って本当に必要…?

映士そのものは嫌いじゃないんですが、

敵の組織が一杯いすぎて、
ボウケンジャーは飽和状態引き起こしているように見えるんですけどね、自分には。

前二作の六人目は、メインの五人と別格ポジション
(デカのテツは『後輩』マジのヒカルは『先生』)だったから、
まだストーリーの展開に、それなりにハマってたけどさ、

このボウケンジャーって
明石が基準でしょう?
(真墨は明石に反発する人。
蒼太は明石の実務レベルでの相棒。
菜月は明石を他意なく慕う人。
さくらは明石の補佐)
この状態で映士を放りこんで、大丈夫?

今年は『原点回帰』を歌っていたんだから、
無理に六人目作る必要なかったんじゃないかなぁ…。


仮面ライダーカブト「第23話」

…いやぁ、もぅね、
絶対に今週の加賀美はヘタレると思ってた!
(先週カッコよかったから/笑)

そうじゃなくて、ヘタレ成分残しつつ、
ちゃんとカッコよく描かれているのが良いね。

剣との対決も含めて天道の魅力も損なわれる事がなかったし。

それに、
この番組って地味に教育番組だね。

「食べ物を粗末にするな」とか
「列は、ちゃんと並べ」とか。
そういう所は凄い好きです。
posted by ふじな at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔弾戦記リュウケンドー第24話

6月18日放送分
「空中大決戦!」

先に言います。
蛇足話が入って必要以上に感想が長くなってます。

・「白波と組め」と不動さんに言われ食欲を無くす程落ち込む剣二
豚々亭の建物が前に戻った気がするのは気のせいじゃないですよね?
どういう基準で建物変わるんだ?

・ゲキリュウケンの制止も聞かずにUFOに突っ込む剣二
『不動さんに捨てられた』ショックからか、
無茶っていうか馬鹿な行動に出た剣二。

剣二は相棒がいないと駄目だという不動さんの読みは正しい事が証明されました。
不動さんはいつでも冷静だよね。

・偽宇宙人を使って探し物をするUFO
おにょれ、偽宇宙人!
地味に酷い嫌がらせを(笑)

・「大丈夫?」
優しいよね海ちゃん♪
剣二が目覚めた事に直ぐ気付いたよ、可愛いね☆

・「まだ無理よ!
UFOに攻撃されて助かっただけでも奇跡みたいなもんなんだから!」

…そういえば、
前回は、あのビーム受けてゴウリュウガン壊れたんだっけ。
リュウケンドーがビーム受けた時の描写が
ギャグっぽくて、うっかり忘れてました。

・偽宇宙人に魔弾龍のコアの存在場所を探し当てられ
変身出来ない体で阻止しようとする不動さん

このシーン萌えと燃えの両方の視点で文句いいますよ(またかよ)

…まず、『萌え』

自分は三度の飯より黒ずくめの黒いロングコートが大好物なんですけど、
(どうして大好物になったかを説明すると
長くなるので自主規制)

この戦闘シーン見た時は、
あまりのガッカリさに、
壁にもたれかかって泣き崩れたい気分になりました。

…何故、
何故、折角の不動さんの黒づくめの黒いロングコートなのに、
こんなバストショットとかの
カメラアングルばっかりなんでしょうか、ココ!!!

ロングコートって
謂わば現代のマントですよ!?

例えば、
普通の人間がただ振り返るだけの動作と、
マント着けた人がマントの裾を持って振り返る動作と、
どっちが迫力あるかって言ったら、
明らかに後者なんですよ!!

そして、
黒って陰陽でいうと陰のモノを連想させるから、
着ている人が背負っている負の感情とかを強調して、

黒(=影)とロングコート(=動きに迫力がでる)で
黒いロングコートの裾が着ている人の動きに合わせて
ヒラヒラと閃く所なんか、
もぅ本当に惚れ惚れするぐらいカッコいいのに、

…カッコいいのに!
アップばっかりだから、全然カッコよさが伝わらねー!!


…で、『燃え』

不動さんがゴウリュウガンさんへの
想いを語るシーンの台詞って
…何か違和感を感じるんですが、自分だけですか?

ゲキリュウケンは
剣二を「相棒」って呼んだりしてますけど、
ゴウリュウガンと不動さんって相棒じゃないんですか?
「友達」なんですか?
分っかんねぇよ、不動さんっ!!(剣二調)

いくら、子供に分かりやすくしなきゃ駄目な番組とはいえ、
何か言葉センスがおかしくないですか?

後、コレは文句じゃないんですが、

先日、池袋のリュウケンドーショーを見たんですが、
完っ璧に舞台の魅せ方だなぁ、と思ったんです。
(ショーだから当たり前なんですけど)

その時に思ったんですが、
ジュリア・ロバーツが舞台に出演して
評論家に叩かれていた理由と
似たような現象がリュウケンドーの殺陣シーンには
起きているのではないかと思ったんですね。

ジュリア・ロバーツが何故叩かれていたかっていうのを
平たく説明をすると、

彼女は舞台に出演したんですが、
彼女は普段の仕事の映画(=二次元)の演技に慣れ過ぎて、
舞台(=三次元)の演技が出来て無かったそうです。
(蛇足;後日、ジュリアはトニー賞のプレゼンターをした時に
眼下に座る舞台俳優達へ
「貴方達は異常な才能を持っているわ」と
誉め讃えた場面を見た時はカッコいい女性だなと思った)

…では、ジュリアを引き合いに出して何が言いたいかっていうと、

[魔弾戦記リュウケンドー]の殺陣は、
殺陣をしている演者達が舞台の動きをしていて、
カメラ(要は撮影スタッフ)が映画の撮り方を
しているのではないかな、と思ったんです。

二次元と三次元の差を埋めるなんて、
世の中がアインシュタインや、
ダ・ヴィンチだらけになっても無理だとは分かってますが、
それでも、もう少しお互いに歩みよれなかったのかなぁ。

・両親の真の復讐相手に遭遇した白波。
「…ザンリュウ、俺も馬鹿になってみるわ!!」

…うん。
本当に馬鹿だなぁ、と思うんですよねぇ…。

目を閉じて空を仰ぎ見たのは、
先日見送った両親の鬼火を
瞼に想い浮かべたんじゃないかと思うんですが、

その親が自分達の死を「誰のせいでもない」と
謂わば『嘘』を付いたのは、
自分達が死ななくてはならなくなったキッカケに
最愛の一人息子を関わらせたくなかったからじゃないかと思うんですよねぇ。

…でもまぁ、
両親を侮辱されても黙っているような
正真正銘の馬鹿である必要は無いんで、
♪同じ馬鹿(阿呆)なら、殺らなきゃ損損〜♪
姿勢でお願いします、リュウジンオー。

・「リュウケンドー、今だ!!」
…あー、びっくりした。
不動さんごと魔弾斬りするのかと思ってビビった。

・「再生ポッドには手を出させないっ!!」
|||○| ̄|_

……そうだよね、
指相撲でも腕相撲でも紙相撲でも
負けるような子だもんね、瀬戸山くんは。
(※子って言っても、瀬戸山くんも演じている宮城さんも
自分より年上なんですけどね)
瀬戸山くんのカッコいい所が拝めるかな、って
期待していた自分が悪かったんだね。

・空中大決戦
このシーンは全面的に白組さんがやっているのかな?
迫力あってカッコいい!!

・「熱い心が一つになれば、不可能って文字は燃えつきる。
…不動さん、取り返したぜ!」

でかした、剣二ぃーっ!!

パワーバランスは、
リュウジンオー>リュウケンドーですが、
その勝っているリュウジンオーが気付かなかったくらい
リュウケンドーが再生ポッドを奪取するのが早かったって事だよね!!
やっぱ、不動さんの相棒は剣二しかいないね!

・「…剣二、やっと新しいコンビを見つけられたらしいな」


不動さんのバーカバーカバーカ
お前なんか白波以上の馬鹿じゃバーカ。

何、剣二の死角になる所で
今回やっとサングラス取ってるんじゃバーカ。

サングラス着けっ放しなのは
目に傷でもあるのかと考えていたのに、

単に、剣二(と視聴者)に自分の表情を悟られないようにする為だけかいっ!!

今回の話は、剣二が冒頭で言ってた、
『剣二が不動さんに捨てられた』話じゃなくて
実は『剣二に捨てられた不動さん』っていう展開だったのかっ!!


※注意
結果的にヒーロー三人に馬鹿って言ってますが、
心底、罵倒する意味で使っている訳ではありません。


[リュウケンドー]どうでもいい推測
この番組って『3』っていう数に凄いコダワリ持ってますよね。

ヒーローは三人。
S.H.O.T.の後方支援も三人。
獣王も無属性が三体、有属性も三体。

今回、名前が出たブラッディさんの『伯爵』も
五爵位を上から数えても下から数えても三番目だし。

で、思ったんですが、
敵の幹部が五人いて、各々の名前が、
Dr.ウォーム(warm=赤系)、ジャークムーン(moon=黄系)、ロッククリムゾン(crimson=赤系)、レディ・ゴールド(gold=黄系)、ブラッディ(bloody=赤系)と、

赤系の名前(計三人)と黄系(計二人)の二色に別けられる事をプラスして、
ラスボス・グレンゴーストの卵の色が緑色を
合計して三色になる事からも察するに、

…もぅしばらくしたら、

一人足りない、黄系の名前の敵幹部出て来ますね?
出てくるとしたら、どのタイミングで出るんだろうか。

第三クール?第四クール?
posted by ふじな at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

誰かー!

DJ OZMAの新曲
「純情〜スンジョン〜」のPVについて熱く語り合おうよ〜!!

何で、こういう時に限って
自分の周りに氣志團ヲタいないかなぁ…。



…でもまぁ、
仮に氣志團ヲタが知り合いにいたところで、

そのキッシーが語るだろうポイントと
自分がPVで熱く語り合いたい所は
絶対に噛み合わない、
永遠の平行線を辿るのは目に見えているんですけどね。


ちなみに語りたい理由は、
PVに[魔弾戦記リュウケンドー]の
スーツアクターが二人も出てるからです!!
(イタタタタタ…)

・情報源
http://shimoshin.blog53.fc2.com/blog-date-20060605.html

DJ OZMA「純情〜スンジョン〜」のPVが見れる公式
http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/djozma/



…いや、でもね、
[魔弾戦記リュウケンドー]と[氣志團]って
相通じる部分が結構あると思うんですよ。

地域限定なローカルさとか、
盛大に色んな所からパロってくる精神とか、
西園寺瞳(氣志團)と西園寺海(魔弾戦記リュウケンドー)って
名前そっくり過ぎな人達がいるところとか…、
(…っていっても、この名前被りは
リュウケンドー制作チームが
氣志團をパロったんだろうと思ってますけどね)

氣志團好きな方の何割かは[魔弾戦記リュウケンドー]にハマれると思うんですよ。

是非[魔弾戦記リュウケンドー]見て下さい。
放送局
http://www.tv-aichi.co.jp/ryukendo/time_main.html

CSキッズステーション
 土曜日 6:30〜7:00
 日曜日 17:00〜17:30
Gyao
http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001741/


…で、真面目な話。

[魔弾戦記リュウケンドー]にハマってなければ、
このDJ OZMAのPV見ても、
「まぁ〜た、綾小路翔がアフォなPV作ったよ(大爆笑)」
で終わらせる所なんだけど、

アクターが出てるのを知ってる上で見ると
ただの「ホストが沢山出てるPV」だけじゃなくて、
細部までこだわりにこだわったPVなんだなっていうのが伝わって来ます。
(本来なら、アクター出てなくても気付くべきなんですけど)

色んなジャンルにハマると
普段とは違う視点で物が見れるっていうのは楽しいですね。

posted by ふじな at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

仮面ライダーカブト第22話

最近は自分の都合が悪くて全然見れなくて、
久しぶりに見れた回が、
ターニングポイントの回だったみたいでラッキーでした。

主役と相棒の色が赤と青ってやっぱり燃えるね!!


天道総司のモデルはイエス・キリストで
加賀美新のモデルはイエス・キリストを洗礼したヨハネ

(もしくは、使徒のヨハネ)かな〜?とか思っていたんですけど、
…もしかしたら当たりかな?

 
天道が敬意を払っている[執事]ってキリスト教に、そういう役職あるはずだし、
 
加賀美父が今日、散々連呼してた

モーツァルトの洗礼名ってヨハネだったはずだから。
(モーツァルトを真面目に勉強してないんで
間違えてたらスイマセン)

そういえば、
イエス・キリストもモーツァルトも
神童って言われてたし、
二人とも早世したし、
人生のキーパーソンは父親っていう共通点あるよなぁ…。
(父なる神を人間と同列扱いしてスイマセン)

すいません。訂正。
ラベル:カブト
posted by ふじな at 09:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

油断も隙も無い。

セイザーXはBSジャパンで録画してるんですけど、

今日はいきなり野球をOAしてくれてました。

じゃあ、来週は今まで通りの通常放送かと思いきや、
一時間早く放送ですってよ。

先週の放送で、そんな事を告知してましたっけ?
最終回撮り損ねたりなんぞしたら
マイナスエネルギーだだ漏れしますよ。


そうだ。
セイザーXで思い出しましたけど、
セイザーX主役のライオセイザーご出演のABC金9ドラマ「レガッタ」

リュウケンドー主役の剣二もご出演なさいますが、
そのリュウケンドー主役の山口さんの役は
大学ボート部のマネージャー役なんですってよ!

ビジュアルボーイの日記を読んだ時びっくりしたよ!!
スポコン(?)ドラマにおけるマネージャー役って
ヒロインか準ヒロインに相当する
オナゴがやるんだと思ってたからさ!

「そんなに出番がないかも」みたいな事を書かれてましたけど、

大丈夫!!

逆な事言えば、マネージャー役なら
一話に最低一回は喋るシーンあるはずだから!

「レガッタ」メインキャスティング見た時、
山口さんと高橋さんだけを目当てに見るのは、
正直、きつそうなドラマだなぁとか思ってたんですけど、
俄然見る気になったよ!!


…あぁ、そういえば話変わりますけど、

リュウケンドーサントラ2の裏ジャケットデザインが素敵に良いっスね。

剣二と不動さんの絶妙な距離感がカッコいいし、
ヒロイン祭な感じがエライ可愛いしで、
(白波らしき影が、その店の管理カードに
隠れてた所にあったんですけど未確認)

あのデザインの為だけにサントラ2は買えないんで、
あのジャケットをポスターにして
何処かで売ってくれないかなぁ…。
posted by ふじな at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする