2011年06月19日

アリなし

崖っぷち芸人バトルロイヤル

真剣なガチ(?)トークが面白かった。
ゴールデンタイムじゃ無理だろうなぁ…。

っていうか、
アリなしはいつからこんな番組になってたんだ


ラベル:アリなし
posted by ふじな at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

私はラブ・リーガル

デッド・モデル・ウォーキング

おおお女性向けドラマだと思ってたのにメチャメチャ面白かったよ

アメリカの法廷ドラマはスピードがあって面白いなぁ。
posted by ふじな at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

おじさんスケッチ2

うわー
こんな面白い番組あったのかー。
冬休みでラッキーだった。
普段なら絶対気付かないで通り過ぎてた。

役者さんがお笑い番組をやるっていうと
先駆者的存在サラリーマンNEOには
正直、はまれなかったんだけど
こっちはずーっと魅入ってしまった。

つくづく自分はフジテレビの笑いが好きなんだなぁ…
posted by ふじな at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

相棒「聖戦」

…途中まで…っ

…途中まで面白展開だったのに…っ!

最後に爆破しないのは…まぁ、(制作上)分かるとしても…

お腹にダディ折原の赤ちゃんいるなら
そもそも殺害を考えるなよ…!
子ども2人とも不幸になる所だったじゃないか…!


短時間で改心し過ぎて展開ついてけないよ…!

でも、やっぱり
古沢さんはクレイジーな女性を書かせると面白いなって思う。
(C;バベル)


それにしても
新年早々、橘さんとスワンさんが見れて眼福でした。
ラベル:相棒
posted by ふじな at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

笑う犬〜2010〜

ま、正直前回の方が面白かった気がしなくもないですが、

(トシとサチのサチは結局はトシとダベる、あほな娘でいて欲しかったよ

そして
全体的な空気もDVD発売ありきの作り方っぽくて)

それでも
昨今の無用な顔アップ多用のバラエティに比べたら、やっぱりコントは良いですな。

そして
昔から笑う犬の泰造氏出演率が高いな、と思っておりましたが
やっと謎解明。
有難う、スタッフ。
ラベル:笑う犬
posted by ふじな at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ - goo 映画
アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ - goo 映画

初(?)リュックベッソン映画かもしれない。

前半はどうしようかと思いましたが
後半は凄く面白かったです。

これぞアクション映画!!って感じ。

フランス映画に対するイメージが変わった。
そういえばヤマカシもアクション凄かったな。

1も見れば良かった。
posted by ふじな at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

HEROMAN

最終回だけ見るという邪道な見方をしました。
しかし流石子供向け。
キャラ属性が一目で判る有難さでした。

でもアメリカが舞台って強いよな。
国のトップ出してきても何も違和感もない
むしろ危機感煽られまくり。
日本じゃ難しい展開だ。

最後は敵を宇宙に放っておしまい!?

と、あやうくビックリさせられかけましたが
普通に終了。 

…が、

やっぱりラストに to be continued

…ううむ…。
posted by ふじな at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ざっくり戦士 ピラメキッド

まさかの本格派特撮(大爆笑)

そうだったそうだった80年代特撮ってこんな感じだった(笑

はんにゃ金田とヒロインの演技力とか
周りの実力派俳優キャスティングっぷりとか
画面越しに伝わる明らかに予算少なめな雰囲気とか

TV東京の間違った本気っぷりに笑いが止まらなかった
posted by ふじな at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

花咲ける青少年(アニメ)

第36話 「永遠に」

「花咲ける青少年」は
好きな漫画の一つなのですが
放送開始前にOAされたアニメの予告がどうしてもノリ切れず、先程偶々初めて拝見しましたが

…15分程で視聴断念υ

…いや、あのね、
アニメといえど漫画通りに出来ないのは百も承知なんですよ。

…でもね、
漫画読者として譲れない部分もあるわけですよ。

私的「花咲ける青少年」一番の名シーン。

クインザの死に様。

正直、アニメのクインザの描写にも
納得は、いってないんだけど
ソレ以上にナジェイラにガッカリ…。

…あのアニメの描写じゃぁ、
ナジェイラ殿下は馬鹿姫だよ…。

あの場面は
漫画では
ルマティもクインザの意図が解ってる。

でもクインザのやった事で
投獄(その他)される奴の事を考えると、クインザを赦してはならない
でも、ルマティにとっては大切な腹心。

王様としてと個人としての間で揺れてる時に

シャドリ家でもあり、
ソマンドの婚約者でもあり、
巫女でもあったナジェイラが
「頼む!!慈悲を!!」って
次期国王のルマティに懇願するから
ルマティは初めて免罪符が出来て
絞り出す思いでルマティはクインザに死を許す栄誉を与える事が出来るのに…。
posted by ふじな at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

龍馬伝

「大器晩成?」
1話のダメダメ感はなんだったんだっていうくらい見やすくなりました。
(1話目に登場人物とか詰め込み過ぎなんだよ…)

見てると、うっかり忘れますが
あれ皆10代ぐらいなんだよね…。

そういえば、
弥太郎ちゃんと以蔵は
家のランクは同じくらいだと思い込んでたんですが
以蔵は貧乏強調はやらないのかな?
それともこれからやるんだろうか。

っていうか、
相変わらず喫煙シーン大好きだな!!
posted by ふじな at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

龍馬伝

「上士と下士」

…え〜と、
その時代にその植物はあったのか、とか
え?
冨さんの登場ってかなり後じゃないの?とか

まぁまぁ、色々訊きたい部分はあるんですが
敢えてスルーして
恐らく少数派(であろう)意見を述べさせて頂きたいと思います。

龍馬伝にハゲタカ求めてないです。


あの画面とか
BGMの煩さとか
…なんていうか…、…噛み合ってない…υ
(…BGMは恰好良いし、画面も綺麗なのに…)

もぅ、ホントにね…

そんなにハゲタカやりたいなら
さっさとハゲタカやってくれ
…いや、やってください。お願いします。

…あと、
読○新聞の放送塔担当者さんよ…
3ヶ所泣く所って何処だよ…

全く分からなかった自分の心はそんなに荒んでるのか…υ
posted by ふじな at 21:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

イルジメ

途中までTV放送・吹き替え版で見てたんですが
終盤でレンタル・字幕版に切り替えて見ました。

我ながら、正解な見方だったと思います。

(正直、
石田さん(イルジメ役)の吹き替えが煩くて見てられない。
石田さんの事は嫌いじゃないんだけど
アニメ演技で吹き替え演技やられてもね。
アニメだと描写が足りなくて
声優さんの演技力でどうにかしなきゃいけない時があるけど
吹き替え版で、声優さんの演技が
キャラ全部の演技を賄う必要ないんだよ。
そういうのは吹き替えられる役者さんが
ちゃんと演技してるんだから、
声優さんがそこまでやると過剰になるだけだ。
…それでも、
韓国系ドラマ/映画の吹き替えでは上手い方だと聞かされた時は
面喰らいましたが)

TV版だと前半はぶつ切り編集でも
大体の話の展開は解るんですが
後半は全くの不可解。
…が、
レンタルでフルサイズで見ると
「こう繋がったのか!」と納得出来ます。
(それでも、何十年前の漫画だ/笑な描写有)

もぅね、
お兄ちゃん最強

自分のツボをどれだけ突けば気が済みますかってくらい。

最初は憎みあってたのに

愛する女性の為に共闘し

最後はイルジメ助ける為に身を呈す!

コレよコレ!
最近のエンターテイメントに足りないのは!!

萌えじゃなく燃え!!

最後のイルジメと戦っているフリをしている時に
「俺も息子だ」

から

最後に子供達に稽古をしている時
「僕の弟」
に変化しているんだよ!

血が繋がっている事は認めても
「兄弟」とは認められなかったのに
その何年かたったら「弟」ですよ!
お兄ちゃんの中で
何かがあったんだろうなって
全てを物語る台詞だよね。


韓国ドラマ=女性向けって感じになってるけど
このイルジメは男性が見ても面白いんじゃないかな?

最近の日本ドラマではめっきり減ってしまった殺陣もたっぷりだった。
posted by ふじな at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

相棒 鶏と牛刀

ええええええええ?
ビジネスホテルの窓は全開にならないって常識じゃないの?
(『古畑』で利き手じゃない方のポケットに
鍵が入っていたっていうだけで他殺確定トリック以来の衝撃)

…世の中の常識って難しい…


内容についてはアレですね

…なんていうか…
「本人の物真似をする人を、本人が真似をする」
のを見た感覚に近い物がありました。

「この人はこういう話を書かないと!」
っていうのに固執させすぎ。

もっと自由に書ける人だと思うんだけどなぁ…。

何か煮え切らないんだよねぇー。
それでも
今シーズンでは相当面白い方になる話だとは思いますが。
ラベル:相棒
posted by ふじな at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

相棒 フェンスの町で

本日の簡単な感想

あんな飛行機近く飛んでてあんな小さい音で済むか(笑)

CGで吹いてしまってストーリー吹っ飛んだ(爆笑)
ラベル:相棒
posted by ふじな at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ジーザス・クライスト・スーパースター

途中から見ました。
(最後の晩餐終了辺り)

それでも、登場人物が誰が誰だか分かりやすいのは凄いなー。
とか思って見てたんですが、

内容のあまりのかっとびっぷりに呆気に取られてました。

あえて、この描写での『復活』とか見たかったんですが
それやるとユダの「お前は誰だ?」の
意味が無くなってしまうからやらなかったのかな。

ずーっと作中は歌があったのに、
EDロールは真っ黒で無音なのも作中との凄い対比だった。
posted by ふじな at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

バンテージ・ポイント

いやー、面白かったわー。

ああいう1つの出来事を、多角的に見るっていう話は
個人的に結構好きなのも手伝って
すっごい楽しく見ました。
色んな所が色々繋がってて凄い。
きっと一度見ただけでは分かってなかった場面がイッパイありそう。

SPのバーンズ含めてメインキャラは皆、格好良かった。

(ただ、アナウンサーの女の子とか『CSI miami』のカリーの元彼役のSPが亡くなった時は、ちょっと切なかった…)


…ただ、日本では受けないだろうなぁー…って思いながらも見てました。

だって『BOSS』で見辛いとかいわれてるんでしょ?
posted by ふじな at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

アフタースクール

…まさかの堺雅人2days
(WOWOW放送ラインナップのせい)

主要3人を初めとした、キャスト陣の若干マニアックさにツボ突かれまくり。

更には、
大泉洋氏への宛て書きっぷりに少々のけぞりながら見とりました。

後半はあまりに展開がポンポン変わっていくんで
追い付くのに必死でしたが、
(人の名前覚えるの苦手ー)

木村×神野妹と、あゆみ(仮)が赤ちゃんを抱っこする所と
まるでEDが2つあるような感じが、ちょっと…な所を除けば、
ちゃんと3人が主役になってて面白かったっす。
posted by ふじな at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハゲタカ

ドラマ特選ハゲタカ経済危機の今だから…

…何ていうか、
久しぶりに見たせいか、
「あれ?こんなカットあったっけ?」な画がちょいちょいあり、
自分の記憶力の無さにびっくりしました。


やっぱりね、
最後の鷲津の手を合わせるのが全てだよね。

明るい日光に射されて
BGMの最後『liberty』が重なる。

やっと鷲津は解放されたのだ。
ラベル:ハゲタカ ドラマ
posted by ふじな at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

クライマーズ・ハイ(映画版)

うわー面白かったー。

佐山と気が触れてしまった人の違いは
原稿書けたか書けなかったかの違いだったんだろうか。


しっかし、いくらフィクションとはいえ、
あんな事やってたら、新聞は滅びるだろうなぁ…。
若手が伸びないよ。

等々力さんが
最終的に良い奴に変化していくのが格好良かった。


『少女革命ウテナ』の巻末で「かっこいい男は死ななきゃダメ」と書かれている通り、

『ヒーロー』悠木はいなくなったのだ。
残されたのは『人間』達だけ。
もちろん、悠木も含まれる。

そういう、
悠木の人間味溢れる主人公っぷりが良かった。
posted by ふじな at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ハゲタカ

ドラマ特選ハゲタカ3日連続でアンコール経済危機の今だから…


今までずーっと見逃し続けていた第1話をやっっっと見れました。
(第1&2話の総集編は見ていたので何の問題も無かった)

視聴者である自分の立場が
放送当時と今の置かれている微妙に変わったせいか

元々無かったけど
尚更、西野父に全然同情湧かなかったねー。
余りの湧かなさに自分でも引くぐらいυ

寧ろ牽いたトラックの運転手に同情しまくってた。
ラベル:ハゲタカ
posted by ふじな at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。